FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吾妻鏡

 『吾妻鏡』を読んでいると、8月から9月にかけてけっこう面白いので、今日も825年前の今日の出来事を書いてみることにしました。

「伊豆真鶴岬から舟に乗って安房国(千葉県南端)へ向かった頼朝と土肥実平は、本日、安房国平北郡猟島に接岸した。北条時政等、一足先に安房についていた人々が頼朝一行を出迎えた。箱根石橋山の敗戦以降、頼朝の生死もわからず鬱屈していた人々の心は一気に晴れた。」
 
 今日は頼朝が安房国に漂着した日とされています。ここから頼朝の快進撃が始まり、一気に鎌倉を抑えて鎌倉幕府の礎を築くことになります。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 先日、「常磐新線」こと、つくばエクスプレス(TX)が開通しました。ここ最近、常磐線が空いている気がするのは、つくばエクスプレスのおかげ?? 以前も”ラッシュ!!”というほどの混み具合ではなかったのですが、最近は朝なのに”スカスカ”感があるほどです。ん~、すいてる電車はいいものです。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ガラスの城

ビワミン うちのハム「ハム蔵」の新しい居城が完成した。一面ガラスでできている美しい城です。

 どうやら城主殿も気に入ったようで、さっそく城の中の巡検に向かった模様です。そして自分の居所を決めてポーズを決めた瞬間をパチリ。

 まだ暑いから、ツメたいガラスの城がちょうどいいのかもしれません。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

825年前

ビワミン治承4(1180)年8月27日 朝の間は小雨、午後四時ごろから暴風雨

…源頼朝に味方した相模の大豪族・三浦介義明が、平家に味方する武蔵国の河越重頼・江戸重長らに討たれた…(『吾妻鏡』)
 
 今から825年前の8月23日~27日、関東地方を台風が通過して行ったようです。この日は源頼朝が挙兵したものの平家の大軍に負け、箱根山中を逃げまわっていた日です。そして825年後の8月26日未明、台風がまたまた関東に現れました。

 そういえば、台風が近づいてるときに見える早朝の青空ってのはなかなかアジがあるのです。コントラストの強い真っ青な空を、ちょいと厚めな雲が猛スピードで流れていきます。そこに見える一瞬の晴れ間は、普段見ている青空とはちょいと違い、濃厚な、ものすごく濃い青さが見られるのです。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ガンダムを見ました

ビワミン 今日はどうも肩がこりこりで、会社から家にやっとの思いで帰ってきて、急いで風呂を沸かして風呂に入ったあと、上半身全体に湿布を貼ってソファにぶっ倒れました。

 さらに夜も体が痛くて眠れず、ベッドでゴロゴロ。さらに聴いていたラジオの内容まで結構面白い。。。こりゃ益々冴えちゃいますね。夜中にテレビを見に行くと、おぉ!懐かしの「起動戦士ガンダム」をやっているではないか! しかもなぜか最終回。ガンダムは片腕と頭が吹き飛ばされた姿で、仁王立ちになり、上空に向けて銃を撃つシーン。あぁ、懐かしかったですね。

 …ガンダムのDVDを借りてこよう。。。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

夏の残照

ビワミン 道を歩いていると、蝉が落ちているのを最近よく見ます。夜も一時期よりも涼しい風が吹いています。あぁ、夏よさらば。塩が吹くほど汗をかかせてくれた夏よさらば。

 そんなとき、隅田川にちゃぷちゃぷ浮かぶ屋形船が目に止まりました。おぉ、まだ夏は終わっていなかった! 秋は秋でまた楽しい景色があるんですが、夏から秋に変わるその時期はなんとなく寂しい。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ぐたーっとハムスター

ビワミン 残暑が続いています。
 
 最近、うちのハムスター「ハム蔵(♀)」はからだを掃除する砂場にティッシュを持ち込んで、巣にしています。入口にアゴを乗せて、ビミョーに頭を出して寝ているのですが、次第に力が抜けて砂場にズリ落ちていきます。あんまり暑いので、ハム蔵もだらけきっています。

 おっと、そう言っていたら、巣から飛び出してハム用ゼリーにかぶりついています。ハムスターは夜行性なので、もっぱらこのくらいの時間に食事をしてますね。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

あぁ、もう秋か

ビワミン 暑いですね~。芝生の緑が目に痛いくらい強い日差しでした。

 ただ、最近はツクツクボウシが鳴きだしました。朝日にあたる建物の影も真夏よりも長く伸びています。夜にはリーリーリーと虫の声があっちこっちから聞こえてきます。空にも羊雲が広がりだしています。…着実に秋が近づいてます。

 夏にやり残したことがいっぱいありますね。今年はまだ花火をしていない! お台場冒険王に今年は行ってみようと思っていたのに時間がない! 海にもプールにも行っていない! …残り少ない8月の休み、何するか今のうちから考えないと。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ム~~~ン

ビワミン 明日は満月です。一日前の今日もほぼ満月で、まんまるに月が見えました。

 月の光は青く見えるんです。

 ちょいと昔、飲みの帰りが遅くなり、乗り換えの私鉄の終電が終わってしまったとき、駅から家までの約10キロをてくてくと歩いて帰る事がよくありました。

 道は田んぼ道のために街燈はなく、車もまったく通りません。まさに夜闇です。田んぼ道を照らしていたのは月明かりだけ。でも影ができるほど明るいんですね。青白い光が田んぼのあぜ道を照らしてくれたおかげで、田んぼに落ちることもなく、川に落ちることもなく、無事に家に着くことができました。月に感謝です。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

夏休み明けで

 久々に東京に出てきたわけですが、う~ん、タバコクセー。

 歩きタバコのおっさんたちが今日も元気に会社に向かっています。あの歩きタバコのオヤジはその存在自体がすでに有害。爽やかな朝をヤニの臭いで台無しにされます。一気にやる気が失せます。ヤニ吸ったらその毒素を体内に取り込んだままにしてください。迷惑かけないでください。

 千代田区は一時期、タバコ取締りに躍起になっていましたが、もはや取締りの姿すら見えません。口だけ行政の千代田区です。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

HP更新日記2

 今日は史料編纂所に行ってきました。ただ、国会図書館の方が資料は断然多いので、ついでのとき以外は利用しないですね。しかもココ、対応者が上から目線的で腹立ちます。

~千葉一族HP更新記録~
千葉介歴代のうち、千葉新介一胤、千葉介氏胤、千葉新介重胤、千葉権介俊胤、千葉定胤に加筆しました。他に佐倉藩に馬術師範として仕えた千葉家について追加しました。あとは、千田尼、千田泰胤、千葉清胤、門井正道の加筆と千葉正胤、千葉尚胤父子について項目を追加してあります。

通常、系譜に見える人物は、現在に近づくにつれて信憑性のある資料が増えてくるものと思いますが、こと近世の千葉宗家に関しては、これだ!というような確実な資料が近世以降なくなります。千葉宗家が小田原の陣で所領を失って浪人したため、資料の散逸などがあったと思われます。江戸時代には「我こそは千葉宗家の正統な後継者」と主張している人物が幾人か実在しています。そのうち、千葉権介定胤、千葉源之助知胤、千葉権介正胤・千葉尚胤父子らが特に積極的に活動していたようです。

ちなみに、最後の千葉介だった「千葉介直重(北条氏政の七男坊)」は、阿波徳島の殿様になった蜂須賀家に拾われて「北条七郎直重」と名前を改め、子孫は大石氏(直重の養父が大石家を継いでいた北条氏照のため)さらには伊勢氏(小田原北条氏はもともと伊勢氏)に改氏して明治に至りました。

他、豊臣秀次の家老・白井氏と関東白井氏との関係の考察と、美濃郡上東氏の当主・東左近将監氏数についての新資料を掲載しました。氏数が第三者の資料に見える初出と思われます。

それから長い間、デザインをしていなかったリンク集をバナー対応版にしました。ちょいと重くなってしまったかもしれませんが、気長に開いてみてください。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

世界遺産~日光~

ビワミン 日光に行ってまいりました。滝中の滝、名瀑布たる華厳の滝を拝見する旅です。

 新車ラフェスタ快調です~♪ 世間で聞く渋滞とやらはどこへやら、道はスイスイ、あっという間に栃木に入ってしまいました。天井一面に広がるパノラマルーフも全開! いやぁ気持ちいい。日光まで三時間で到着しました。
 
 東照宮の鳥居、表門を抜けて「見ざる言わざる聞かざる」の三猿で有名な「神厩」を覗くと、厩舎の中に、奉納された真っ白の神馬(生きてます)がいました。今でも現役で使われていたんですな。そこから振り返ると、日光の象徴的な建物である「陽明門」があります。いやぁ、金、黒、白、赤、緑…なんか豪華です~。

 陽明門の先、拝殿の右手には「坂下門」があります。この門が有名なのは、左甚五郎作といわれている「眠り猫」です。実はこの眠り猫の裏手にも彫刻がありまして、雀が二羽遊んでいます。猫が雀を食う戦国はすでに終わり、猫=軍事力は眠り、雀が楽しく遊ぶ「平和」を象徴するモチーフになっています。

 あちこち境内を回っているうちにおぉ、もう午後2時を回っているじゃないですか。華厳の滝に行きたかったのに、行けそうもないなぁ。この旅は滝を見る旅だったはずなのだが… 仕方がないので、華厳の滝は次回ということにして、今回は「日光東照宮めぐりの旅」に目的を変更しました。

 その後、下野国一ノ宮である日光二荒山神社を参拝。最後に三代将軍・徳川家光が眠る大猷院を参拝し、帰りの渋滞が怖いので、さっさと切り上げて千葉への帰途に着きました。

 ラフェスタナビは高性能なのかどうなのか、車が一台通れるかどうかの道まで検索してくれて、難儀した道もありましたが、恐れていた渋滞にもはまることなく四時間で帰ってくることができました。ふぅ~、疲れた。。。

●日光東照宮について細かく紹介・解説しています。「へぇ~、だから陽明門って…。」「へぇ、だから日光にしたんだ…。」「なるほど! この彫刻はっ!」
東照宮の建物の配置、参道の位置、彫刻の意味など、東照宮にあるものはすべて深い意味があってそこに建てられていることがわかる一冊!


日光東照宮の謎

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ちょいとリッチな朝飯

ビワミン

 朝から近所のパン屋に朝食に行ってきました。

●サンマルク
http://www.saint-marc.co.jp/

 今日に限らずちょくちょく行ってるのですが、ここ、焼きたてのパン食い放題なのです。と言っても、バイキングではないので、店員さんが持ってきてくれるのを待っているわけですが。

 モーニングコースが700円台から1000円台まで三種類ほどあり、朝食にしてはちょいと高めなのですが、ウマイので許します。食事や店員に対するアンケートも毎回配られていて(別に答えなくても良いのですが)、客のニーズを積極的に取り入れてるんだろうと感じながら、セットの生ハムサラダの生ハムを切るのに悪戦苦闘しているわけです。

 パン屋というだけあって、もちろん普通にパンも売っています。そのパン売り場の横に珍しい無料ジュースコーナーを見つけました。「ビワミンゴールド」。色はワイン色で見るからにうまそうです。置いてあった紙コップにトクトクと注いでグイっといっぱつ。……うひょーーー! これは酢! ビネガーです! ぶどう味の酢でした。咳き込みつつもう一杯味わってみると、なかなかいけます。クセになりそうです。買ってもいいかなと思って値段をみると、私の財布に眠る野口さん二人では足りません。というわけで諦めました。

 今度来た時にビワミンがまたあったら、挑戦してみようかと思った朝のひと時でした。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

暑い夏の日

ビワミン

打つぞーー! うおー!

というわけで、近所の広場にやってきました。

久しぶりにバドミントンをやろうと思って来たわけですが、暑いせいか、この広場はそれほど混んでいません。横には小川が流れ、その先には池まである森に囲まれたいい広場なのです。

パカーン、ボト★ ひゅるる~、ポト☆

うーん、ラリーが続かないぞ? 体が慣れるまでは仕方がないかと、とにかくパカパカ打ち合っていたのですが、プラスチック製の羽は裂ける、ガットは切れる、しまいにはガットに羽が挟まる体たらく。やっぱり500円の安物はダメです~。

しかし暑い!! 一時間も打ち合っていたら汗と土と回転レシーブのときに付いた草汁でドロドロになってしまいました。

久しぶりの運動でちょいと疲れた一日でございました。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

徳川慶喜邸

ビワミン 先日の東照宮に続いて、徳川つながり…ということで、今回は徳川慶喜邸跡です。

 徳川慶喜はいうまでもなく最後の将軍です。家康の再来と討幕派の人々に恐れられた、非常に頭の切れた人物だったようです。幕末の動乱のさなか、江戸に攻めてきた朝廷軍に降伏し、江戸城を西郷どんに明け渡して水戸に謹慎しました。

 慶喜は三十三歳で謹慎を命じられ、謹慎を解かれたあと七十七歳で亡くなるまで趣味の世界に生きました。写真、絵画、自転車、刺繍、釣り、弓……。いずれもプロ級の腕前だったということです。う~ん多才な人です。

 東京に移住後は東京小日向第六天(文京区春日2-8-7)に屋敷をもらって住みました。写真がその屋敷跡(右側の森)なのですが、大玄関前にあったイチョウだけが当時のまま残っています。他のお屋敷なんかは一切合財ぶっ壊されて、官舎になりました。その官舎もすでに廃墟となって壊される日を待っているようです。

●慶喜に関連した書籍のご紹介。
『その後の慶喜―大正まで生きた将軍―』(家近良樹著 講談社選書メチエ)
『徳川慶喜家の子ども部屋』(榊原喜佐子著 角川文庫)
『徳川慶喜家にようこそ』(徳川慶朝著 文藝春秋)

 第六天のお屋敷の話については『徳川慶喜家の子供部屋』がおススメです。実際にそこに住んでいた慶喜の孫にあたる榊原喜佐子さんが、当時の絵日記をもとに回想しています。管理人もこの本を読んで、フラリとこの急坂までやってきたわけです。たぶん、この屋敷跡もまた更地になって、近代的なマンションか何かが建ってしまうのかな。こういう場所は史跡として残しておいてもらいたい、と思った一日でした。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

滝をば

 夏休みには滝を見に行こうと計画しています。大変大雑把な計画なのですが。

 滝かぁ。。。…どこにあるのだろう? やっぱり山の中か。と思い、ググってみると、千葉では養老渓谷、茨城では袋田の滝…。どれもこれもけっこう遠いです。どうしようかな~。

 今回計画している旅は、滝を見に行くのがメインなのですが、管理人は必ずその土地の歴史の遺物を探し回ってしまう癖があります。それは時代は何でもよく、寺や神社も謂れもわからず撮っています。養老渓谷に行ったら、きっと大多喜城なんかを撮ったりしてんだろうな。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

それもそうだなぁ

ビワミン 土地の名前も風景も時代とともに変わっていくもんです。

 今日も元気に通勤中、こないだまでネギが植わっていた近所の畑にショベルカーが入ってガーガーやっていました。きっとまた家でも建つんでしょう。

 先日も『市町村合併で地名を殺すな』の本を紹介しましたが、地名も風景もどんどん変わっていくんだな、とつくづく思ったわけです。

「亡霊が出るというお屋敷をキャタピラが踏みつぶして、来春ごろにマンションに代わると代理人が告げる。また僕を育ててくれた景色があっけなく金になった。少しだけ感傷に浸った後『まぁそれもそうだなぁ』」(Mr.Children「ランニングハイ」)。

 そういえば小さい頃、クワガタとかカブトムシを捕った山はいまは崩されてマンションが建っています。ツタでターザンごっこをした崖にも家が建ちました。そして森の脇道をたどった先にはどんな景色があったのか、記憶の靄に消えていく風景はすっかり見えなくなりました。そして今はやっぱり住宅街になっています。

 人が多くなれば街は発展して新しい風景が生まれていきます。でも懐かしい風景はあっけなく消えていく…う~ん……少しだけ感傷に浸った後「まぁそれもそうだなぁ」。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

HP更新日記

 今日も暑かった!!

 そんな中、部屋の掃除や洗濯物干し、色々やったあと、柏まで遠征しました。マルイの改装セールということでフラリと出かけたのですが、暑かったせいか、あんまり混んでなかったですね(^^)
 
 そのあと、柏新星堂の書店でちょっと興味深い本を買いました。『市町村合併で「地名」を殺すな』(片岡正人著 洋泉社)という本なのですが、スルドイことが書かれております。今、全国で市町村合併が進んでいます。その合併の際に問題になるのが、新しい市の名前。こりゃイカンだろう? と思うような案が真剣に討論されていたのですね。安易な名前の決め方などなど、読んでいてちょいと考えさせられる内容でござんした。「とまとまつたけ市」「あいうえ市」「ねこじゃら市」なんてとこには住みたくねーーー! 「安楽市」なんて案を出した自治体もあったらしいですね。ヤバいですね。興味のある方は読んでみてください。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

※HP「千葉一族」更新しました。

 先日、東京大学史料編纂所の所蔵文書に『佐竹家中総系図』を見つけました。これは秋田藩士の主要な家々の系譜なのですが、その中に千葉一族・前澤氏のものがありましたので、略譜を掲載しました。
 ほか、相馬師常以下、相馬氏の歴代の記述を見直してあります。
 初代・相馬師常については、その名前の疑問点や読み方など、ちょっとした考察を載せてみました。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

手賀沼花火大会

ビワミン 昨日は柏市・我孫子市にまたがる手賀沼で花火大会が行われました。今年も手賀沼にかかる手賀大橋で見ていましたが、いやぁ~壮観でした。

 去年、一昨年は最後が尻すぼみで終わってしまった感じだったのですが、今年は違いました。ドカドカと色とりどりの花火が一気に揚がり、その中をヒュルヒュルヒュルと一本の赤い光が昇っていき……どーーーんと特大花火が花ひらきました。う~ん、よかったです。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

上野の東照宮

ビワミン 東京上野の上野公園に東照宮があるのをご存知でしょうか? 上野公園は西郷さんが目立っちゃってますが、ちょっと見渡すと歴史的な遺物がぽろぽろ落っこちてます。東照宮もそんな歴史的な遺物のひとつです。公園の喧騒とは裏腹に、木漏れ日の中で蝉時雨だけが聞こえる、ちょっとした癒し空間になっています。まぁ、敷地はそんなに大きくないんですが。

 上野公園は「東叡山寛永寺」という徳川将軍家の菩提寺の敷地だったって知ってますか? 幕末、幕府の彰義隊と西郷隆盛などの新政府軍の間で最後の激戦が行われたお寺なんです。

●幕末の上野戦争
http://www.aurora.dti.ne.jp/~ssaton/meisyo/syougitai.html
●幕末の古写真(長崎大学附属図書館)
http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/univj/

桜で混みあう桜並木、上野動物園、国立博物館一帯が全部お寺の敷地! いやぁでっかいお寺です。

テーマ : 史跡巡り
ジャンル : 旅行

煮物がぁ!!

うぉっ!

昨日の夜の煮物が、わずか一日にして腐りました!!

表面に白い網状のものが広がり、すっぱぁぃ臭いが。これは食ったらやばそう。。。

夏場は冷蔵庫を活用しなくてはなりませんね。

話は変わって歴史ネタなのですが、今住んでいるところが昔どんな景色だったのか。ちょいと気になっておりまして、改めて調べたところ、住まいの周辺は、中世室町期には城跡だった場所でした。いつも何気なく歩いている駅までの道は城の本丸を分断している道。へぇ~。そう考えて歩くと、見慣れた街も新鮮な感覚で見られるものですね。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

巨大なアイス

ビワミン 会社帰りに、明日の朝飯のパンを近所のパン屋で買ったのですが、ついでに久しぶりのアイスを買うてみました。

 ラムレーズン、260円。高!と思いつつ買ってみたら、いやはやびっくりするほどでっかく盛り付けられたアイスが、ちまっこいコーンの上にもっさり乗っていました。こんなに喰えるのか。。。

…いくら食ってもなかなか減らず、残っているアイスが溶けてザーザー降り出す始末で、参りました。コーンに巻いてある紙がいつしか溶け出し、コーンと融合してもうグチャグチャでしたが、ラムレーズン自体はうまかったです。

 帰ってみると、ハム蔵は今日も仰向けになって寝ていました。暑かったもんなぁ。ごめんなぁ。でも明日も元気に耐えてね。


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ニューアルバム

ビワミン
 今朝のめざましテレビで、Mr.Childrenのニューアルバム「I love U」が、来月21日に発売になるとの報道がありました。

朝からイイ情報を手に入れました(^^)

今日もTOKYO FMの「6SENCE」を聴きながら会社へ向かったのでありました。う~~今日もいい天気!!

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

うちのぺっと

ビワミン
 うちのハムスターは「ハム蔵」といいます。

 結膜炎になって行った医者からベッピンさんと言われたネズ公なのですが、暑いとひっくり返って寝てしまうのです。今日も帰ってみれば腹丸出しでひっくり返っていまし。大胆不敵なのです。野生でやってれば食べられちゃいます。

 このネズっちょは管理人にはあまり慣れていないようです。エサやりマシンと思われているようで、人の顔を見れば、エサくれアピールを全身で表します。そしてエサをやると、「ヘッ、ありがとよ」ってな顔つきで巣箱の端へ走っていきます。

…まぁ、それでもいいかな。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

もっきー

Author:もっきー
千葉一族、Mr.Childrenをコヨナク愛する千葉県人

リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。