FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■トレインマジック

 朝から電車が止まりました。

 ブレーキのトラブルとのこと。快速電車がトラブルというので、各駅停車に乗って会社へ向かいました。いつもは快速電車に乗り換えて行きますが、各駅停車車内で「このまま乗ってった方が早いですよ」という自信満々の放送が入ったので、ワタシはこれを信用しました。

 ところが。各駅停車は途中でたびたび停車。その停まっている電車の窓の外を、動かないはずの快速が何台も「お先に~」とばかりに走り去っていきました。各駅停車の車掌さん、ウソつきました?

 結局、いつもより数十分遅れで乗換駅に到着です。しかし、その駅を使うことのないワタシは、コトもあろうに間違えて反対方面の電車に乗ってしまいました。行こうと思った方向とは反対側に流れる景色。あぁ、朝からなんとツイてない。

 隣駅で電車を降りて、反対方面へのホームへ移ると、なんだか心なしかホームが混んでいます。なんと、並走する電車が人身事故を起こして止まっているようです。まじで? きっと今から来る電車も混んでいるんだろう。なんともツイてません。そういえば、以前も朝から会議がある日、車両トラブルで電車が動かないことがありました。朝っぱらから数キロ、走っていくはめになったことがありました。朝から電車の遅延はほんとにツライです。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

■鎌倉! ~紅葉にはまだ早い~

鎌倉紅葉1 鎌倉の紅葉を見に出かけました。午前8時に北鎌倉着というかなりハードなスケジュールです。土曜日だというのに、こんな朝っぱらだというのに、学生の集団が駅を次々に降りていきます。

 鎌倉はまだ紅葉には早いようです。しかも空には薄く雲がかかり、白っぽい。今日のために気合を入れて、大枚をはたいて購入したデジカメ用PLフィルター(紅葉の赤、空の青などが鮮やかに写るフィルター)も役に立ちそうもありません。鎌倉のまちを東西南北あちこち回り、平地、山道、海岸など25キロを踏破しました。

 疲れました。鎌倉の紅葉は来週以降が見ごろです。

※今回の鎌倉行はHP内に「旅行記」としてアップ予定です。

テーマ : ■今日の独り言■
ジャンル : 日記

■手賀沼周遊道路

chari 手賀沼の周りの堤防上に新しくサイクリング+ウオーキングロードができました。以前は堤防の下に道路が走っていたのですが、それはすべて新しい堤防の下に消えました。この新しい道は、田んぼ道の横、手賀沼の南側一帯をがっちりカバーする約10キロのとてもいい道。住所が移って、自転車でここまで来ることができなくなり、チャリンコを転がすこともなくなってしまいましたが、春先に走ったらかなり気持ちいいだろなぁ~というきもちいい道です。

 対して、沼の北側、我孫子側は木立の中を走る散歩道が続いています。我孫子側は水の博物館、公園、菖蒲畑などがあり、道は木陰の中を通っていて、北と南では風景がまったく違います。そのへんがまた面白いです。

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

■自販機の下には

手賀沼朝 冷たい空気が吹きぬけるようになった早朝の手賀沼。ずっとむこうは霧が垂れています。今朝は特に寒いですね。でも空気が澄んできたからか、会社からは秩父、丹沢の山がビルの間から見え隠れしています。こう見ると、山がないっていう東京もずいぶん近いとこに山があるんだなぁと思いますね。

 しかし、今日の手賀沼はハンパなく寒いです! 駐車場の傍に自販機を発見! しかもホットのコーンスープがあります! かじかむ手で小銭を落っことしそうになりながらも、五十円玉2枚と、十円玉2枚を頑張って投入。きっとみんなかじかむ手でお金を入れるだろうから、きっとポロリとおっことす人がいるはず。この自販機の下にはお金が転がっているんでしょう

治承4(1180)年11月20日

大庭平太景義は、先日自殺した波多野右馬允義常の子息とともに頼朝に謁見し、波多野家の許しを請うた。この波多野の子息は景義の姉妹の子で、景義には甥にあたった。頼朝は彼をしばらく景義に預け置くこととし、波多野義常の遺領である松田郷を景義に与えた。

テーマ : (・∀・)ららーん
ジャンル : 日記

■もやもや~

大津川 朝方、田んぼにはモヤがかかっていました。寒くなってくると地面の湿気が霧になってたまります。川にかかるひとつむこうの橋も霧の中に浮かび上がっています。

治承4(1180)年11月19日

頼朝は、武蔵国の長尾寺を弟の全成禅師に与え、全成は今日本坊に移った。ここで全成は頼朝のための祈祷を命じるため、慈教坊僧円、慈音坊観海、法乗坊弁朗たちの長尾寺に住む僧侶たちを召し出した。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

■歯磨き粉

手賀沼朝 そろそろ紅葉の時期ですね。早いところでは紅葉が色づいています。

 今日は家に帰るなり眠くなって、床で寝てしまいました。夜中にふと風呂に入らねばと起き上がったものの、もう頭の中は睡眠状態が継続。顔を洗ったらいつもと違う感覚。顔面がスースーします……

 うぁっ! クリアクリーンで顔を洗ってしまった! 以前は寝ぼけてビオレで歯を磨いたことがありましたが(苦いです)、今度はその逆バージョンです。まいりましたが、顆粒のツブツブ効果で汚れが落ちる?

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

■ボジョレー

 今日はボージョレーヌーヴォーの解禁日だといいます。世間では大騒ぎ。夜通し飲んだって人もいるみたい。

 ボージョレーヌーヴォーはなんでそんなに騒がれるのでしょう。酒を飲まない私にはよくわかりませんが、よっぽどうまいのなんでしょう。
 
 そもそも私は酒のうまさがわかりません。ビール然り、ワイン然り、日本酒然り。でも、飲む人が飲めば味もわかり、違いもわかるんでしょう。納豆好きはこのメーカーの納豆がベスト、くさや好きはここ産がベストみたいな。

 いつかはお酒をうまいと感じられるようになるのでしょうか。でも我が家の冷蔵庫には、ビールが2本、2年間キンキンに冷やされたまま入っています。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

■google Earth

なにかとウワサのGoogle Earthをダウンロードしてみました。
超精密な衛星地図がGoogleから無料で配信されています。さっそく地元を見てみました。

「こりゃすごい」

うちが見えます。わが家の車まで見えます。続いて会社を見てみると、非常口まで見えます。

続けて世界旅行に出てみます。まずはイギリス。
…おぉ、ロンドン橋、ビッグベン、ロンドン塔…すべて見えます。フランスはエッフェル塔、凱旋門、ローマはコロッセオ、アテネはパルテノン神殿…すごいなぁ。素朴に感動。

 最近読んでいる不肖・宮嶋こと、フリーカメラマン宮嶋茂樹の『儂は舞い降りた アフガン従軍記(下)』を思い出し、アフガニスタンにスポットを当ててみると、首都のカブール。一見、どこにでもありそうな閑静な住宅街が並んでいます。建売一戸建ての住宅地があちこちにあり、県営住宅みたいなのまであります。戦争の影などどこにも見えないところがフシギですね。しかし、北部の一戸建て住宅街から一歩外へ出ると砂漠が広がっています。このへんが日本とは違って、厳しい自然の中につくられた街なんだな、ということがわかります。

 カブールを出て北東に行くと、厳しい渓谷があらわれるます。パンジシール渓谷。ここは旧アフガニスタン王国のマスード将軍がソ連の侵略を食い止めた渓谷で、深い谷間が見てとれます。

 こうしてぐるっと地球を見てみると、すべて陸続き、繋がっているのです。アフガニスタンの山々にしても、インドが大陸に衝突したときにできたシワにすぎないことがよくわかります。そんなシワで戦争が起きたりしています。なんとちっぽけなことか。

 また日本に戻って、軽井沢はどうでしょう? …緑の斑点しか見えませんね。解像度が悪い。どうやらGoogleが興味のないところは、けっこう雑なようです。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

■紅茶 in Lupicia

紅茶キラリ また新しいお茶を購入しました。行きつけの「ルピシア」で買ったのですが、今回面白い緑茶が発売されていました。柚子緑茶です。サンプルを開けて匂ってみると「ゆずー!」と柚子が主張しています。見るからに匂うからに上等な緑茶です。すぐさまカゴに放り込みました。

 もうひとつ、気になっていた紅茶がありました。それはただのアッサム紅茶ですが、前に喫茶店で飲んだアッサムがうまかったので探していたものでした。アッサムといえばミルクティーですが、ストレートで飲んでもコクがあってうまいものです。店頭に並ぶ数あるアッサムの中から、夏摘みアッサムの「マランギ」というものを注文してみました。

 それから、クリスマスが近いということもあって、クリスマスバージョンの三つのフレーバーティー詰め合わせも購入。さらにハチミツ(ヨーグルトと柑橘系のフレーバー)も購入。占めて5,000円超! たかが茶ですが、高い。

 そういえば中国にも紅茶がありますが、気になっていたラプサンスーチョンという紅茶の茶葉サンプルを嗅いでみました。このラプサンスーチョンは茶葉を松チップで燻製して作られた紅茶です。くんくん…

「ぐぁっ…」

 正露丸の匂いです。超強烈な正露丸の鋭い香りが鼻腔の奥深くを貫きます。それがいつまでもしつこく残っています。個人的にはこれは買う気にはなりません。

テーマ : ■今日の独り言■
ジャンル : 日記

Backstreet Boysのチケット

桜の紅葉 Backstreet Boysのライブチケットを購入しました。年始早々のライブなのでちょいと先ですが、まだニューアルバムをほとんど聴いていないので、さっぱりわかりません。早いところ聴いておかないとわけわからなくなりますね。

 誰のアルバムを聴いてもそうですが、一度聞いただけではどうもしっくりこないのです。しかし、なんかイマイチだなぁ…と思っていても何度も聞いているうちに愛着がわくというか、その曲の良さが見えてきます。Backstreet Boysの新しいアルバムもそんなところで、まだ良さがわからんというのが実感です。ライブまでに愛着がわく境地まで達するためには、毎日聴きこまないといけませんが、厳しいかも。


**************************************************
治承4(1180)年11月12日

 頼朝は佐竹氏討伐の帰途、武蔵国で萩野五郎俊重を斬首した。この者は日ごろから頼朝の供をしていて、功績のある者に見えるが、実は石橋山の合戦で大庭三郎景親に味方して頼朝に弓引いた人物だったのである。今彼を処罰しなければ、のちの示しがつかないとして、彼を処刑したのだった。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

■秋の収穫祭

収穫 秋の収穫祭。実家の庭に実ったミカンとカキです。

 以前、庭の畑でミニトマト、ジャガイモ、ナス、シイタケなんかを作っていましたが、いまは食べ物にならない花がたくさん咲いています。とくにジャガイモは評判が悪かったので、もう実家が作らせてくれません。ただ、評判が悪いのはジャガイモの味ではなく、際限なく広がるジャガイモの大きな葉っぱなのです。モサモサと畑一帯を覆ってしまうので、ほかの花が育たなくなってしまうのです。ただ、シイタケだけは健在です。以前、知り合いの知り合いの農家からいただいたものですが、直径10センチものシイタケがボコボコとできます。オバケシイタケという感じです。

テーマ : 今日の出来事。
ジャンル : 日記

■引き出し

年賀状 そろそろ年賀状の季節となってまいりました。今年は何枚買えばいいのでしょう? 枚数と住所なんかの確認のため去年の年賀状を引っ張り出す。…と、去年だけではなく一昨年、その前のものなんかも出てきます。大学の頃のやり取りなんかの隠れてた思い出たちが引き出しからそっと顔を出しました。

テーマ : ■今日の独り言■
ジャンル : 日記

■帰途にて

 帰りの電車の中で、キャラメルコーンとイカくんとビールを飲んでいる父子がいました。いや、くさいっ。

 ボリボリとキャラメルコーンを貪り食う青年、くちゃくちゃとイカくんを食ってビールをグイッとあおるおっさん。無心に飲み食いし、たまに会話しています。

 だが、この光景、どこかで見たことがあります。上野動物園のサル山です。サルの親子か兄弟か、山の下にばら撒かれたえさを両手に抱えて山の上に持ち帰り、二匹寄り添って一生懸命食べていました。

 あぁ、動物園であの光景を見てからすでに半年。今年も残すところあとひと月半になりました。。。などと色々と思いつつ、この父子を見ていました。

テーマ : ■今日の独り言■
ジャンル : 日記

■更新日記

カキ 秋の風物詩・柿が庭にどっさり、食いきる前に悪くなってしまいそうなほど実りました。富有柿なので中にゴマはないのですが、甘柿です。

 柿といえば、仕事柄、毎日顧客に送るものがあり、そのたびに送り状を書いていますが、どこへ送るにもほぼ同じような文面なので使い回ししていたのですが、その文面で「下記までお返事を」というような箇所が数か所、「柿」になっていたのです! それを知らずに、フォーマットを作ってから数日間、あちこちに送り続けていました。いまのところ苦情はありません。


■千葉一族更新日記■

★武石氏の涌谷伊達家に大幅加筆(奥州千葉氏に独立項目)。
★武石氏の佐沼亘理家を大幅加筆修正(奥州千葉氏に独立項目)。
★遠藤氏の遠藤胤統、遠藤胤城に加筆。
★千葉氏の一族に僧侶になった千葉氏(日蓮宗)を追加。

 今回はこの四点の更新をしています。

 奥州に移った千葉氏の代表的な氏族に亘理氏がいます。千葉介常胤の三男・武石三郎胤盛を祖とする氏族で、室町時代に伊達家に従いました。江戸時代には「伊達」の名字を与えられ、涌谷(宮城県遠田郡涌谷町)に一万余石を領する涌谷伊達家として代々続きました。
 当主は代々「安芸」を通称とし、仙台藩お家騒動の伊達安芸宗重が有名です。領内には千葉氏所縁の妙見神を祀り、家紋は「月に八曜」紋を伝えていました。
 しかし、涌谷伊達家は「亘理」の名跡を継いだ家ではないため、亘理家の名跡は別に家がたてられて継承されました。今回は全体的な見直しと、写真の追加、義基、邦隆、胤元などに詳細を記載しました。

 その亘理家の名跡を継いだ家が、登米市佐沼に館を与えられた佐沼亘理家です。初代は亘理宗根といいます。彼の父は伊達政宗の重臣・茂庭綱元、母は高田氏(元伊達政宗の側室)。しかし実父は伊達政宗と伝えられています。佐沼領主として代々続き、幕末にいたりました。今回は定根から邦畿にいたるまでの歴代に詳細を記載しました。

 遠藤氏については、千葉介常胤の六男・東六郎大夫胤頼を遠祖とする一族で、美濃郡上藩主ついで近江三上藩主となった家です。遠藤胤統、胤城は幕府に認められ、胤統は大坂城将として大塩平八郎の乱を平定、胤城は幕府首将のひとりとして長州征討戦に参加しました。明治時代に「東」に名字を改めました。今回の更新では胤統、胤城について加筆しています。
 
 日蓮宗僧侶になった千葉氏出身の僧侶として、中山法華経寺(当時は法華寺・本妙寺)の日祐以下を追加しました。


               ※※※※※
治承4(1180)年11月6日

 上総権介広常は、佐竹秀義が逃げ去ったあとの金砂城に入り、城壁を焼き払った。そののち、頼朝は兵を各地の道々に配置した。これは逃亡した佐竹秀義を捜し捕らえるためだったが、秀義は逃れて陸奥国の花園城へ入ったという。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

■朝の散歩

朝日 今日の日の出は霧の中からにょきっと太陽が生えてくる感じで、あまり見たことがないイメージでした

 そんな朝日を見に今日も手賀沼まで散歩に出たのですが、こんな朝早いのに、サイクリング、ウオーキング、ランニング、早起きの人たちが健康的な運動をしていました

 そんなとき、あちらから薄汚れた犬がてってってっとジョギングしてきました。首輪がついているから、きっと脱走してきたのでしょう。飼い主らしき人影もありません。これに関わると、飛び掛られて汚れるのがオチだな、と無視を決め込みます。しかし、その足音はしだいにこっちに近づいてきます。周りにはハト影はあっても人影はありません。間違いなくさっきの犬です。

 こっちにきやがったか? ちらり振り向くと、3メートルほど先につぶらな瞳でこっちを見つめる犬がいました。なんとなく犬の心の声が聞こえます…

 「ナニカクレ」

 すかさずそれに心の声で答えます。

 「ナニモナイ」

 足早に歩いてふりきろうとしますが、歩調を合わせるように早足でついてきます。振り返ると、同じ距離を保ちつつしっかりとついてきています。最後の手段は敵との間に壁を作り出すことです。左には柵と用水路、土手があります。足元にあった土塊をひろうと、ムコウの方へぽいっと放り投げました。

 「ほれ」

 犬はそそくさとその土塊のほうへ走っていきます。その隙に用水路を飛び越えて土手の上に走り登ります。犬は飛んでいったものが食べ物ではないと気がつき、こちらを振り返りますが、すでにワタシは柵と用水路の向こうの土手の上です。犬はあきらめたのか、次の興味の対象ができたのか、沼の茂みの方へ走り去っていきました。

 犬は脱走しないようにきちんと繋いで飼いましょう

テーマ : ■今日の独り言■
ジャンル : 日記

■火星がよくみえる

 東の空にぽっちり見える赤い星、火星。いま、だいぶ地球に接近しているらしい。その距離、6942万キロメートルとか……これで大接近なんですね。天文学的数字というのでしょう。自動車は10年で10万キロほどと考えれば、その694倍ということになりますね。そんな遠い星が東の空でぽっちり頑張っています。

 そういえば、とても身近にぽっちり頑張ってるやつがいます。ワタシのくちびるにできた口内炎です。舌とかほっぺ内側とかならまだしも、くちびるにできてしまいました。こいつが大変痛い! 何を食べても飲んでも、いったんこの敏感な部分を触れていきます。この唇の軍神マルスは私の口で大暴れしています

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

■深い池

深い池 朝の散歩でみつけた深い池。見るからに深そうですが、ご丁寧にも看板に「この池深いよ」と書いてあります。散歩道の途中に忽然とあらわれる深い池。夜になったらなんか出てきそう。

 そういえば昔、近所の森の中に「幽霊のお風呂」と(子どもの間で)ウワサされていた泥沼がありました。大人から見ればなんでもない小さな泥沼ですが、幼稚園生の目線で見ると、そりゃ怖い沼でした。ドロドロの上にわずかに水があり、周りには落ち葉が散っていて、時折ブクブク変な泡があがり、それはそれはオドロオドロしかったですね。

「その風呂の水にさわったら呪われる」
「ふろに入っている幽霊を見たら目が腐る」
「幽霊を見たら目薬を注さなければいけない」

 目薬で治るとは、ずいぶん科学的な幽霊ですが、そんな伝説がありました。

 今はその「幽霊のお風呂」は住宅地の中に消えて、面影も全く残っていません。思い出はこうして消えていきます。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

■アロマオイル 針葉樹

アロマ アロマポットで焚くアロマオイルは結構格別ですが、なぜかいつも同じにおいがします。そりゃそうです、メーカーは違うのですが、すべて針葉樹系のアロマオイルです。

 アロマオイルは匂いによって効果が違うそうですが、そんなことはどうでもいいのです。好きな匂いを好きなだけ嗅ぐんです。くんくん

治承4(1180)年11月2日

 今日、富士川の戦いで大敗した小松少将維盛ら平家軍は功績なく京都に戻った。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

■新築の幽霊屋敷

東京2 東京丸ノ内の噴水。ずいぶん寒くなってきました。

 写真とは関係ありませんが、近所の国道沿いにわずかにあった空き地にムリヤリ建てられた感じの新築アパートがあります。ふつう、新築で駅にも結構近い物件はすぐ埋まるものですが、このアパートはできてから一月ほどたっているにもかかわらず、全く人が入る気配がありません。

 それは明らかに立地条件の悪さにあります。土地は三角、目の前は国道、裏はどぶ川、駐車場スペースはなく、ドアを開ければ交差点の歩道です。人通りも激しく、1階には物も干せません。ワタシなら絶対に選びませんね、この物件は(^^; そして案の定、人は入りません。外の備え付けのゴミ箱は空のまま寂しくたたずんでいます。

 きっと地主が、土地がもったいないからなんとかならんかと、不動産屋に吹っかけたのでしょうが、これは駐車場であればもっと有効に使われた気がします。。。

 そう思いながら、灯りの点かない新築アパートを横目に国道を渡りました。

テーマ : ■今日の独り言■
ジャンル : 日記

プロフィール

もっきー

Author:もっきー
千葉一族、Mr.Childrenをコヨナク愛する千葉県人

リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。