FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古河の旅

 古河市は、関東管領足利基氏の子孫である古河公方のお膝下。いまでも、古河公方足利氏の史跡が結構残っています。古河公方には、奉公衆として千葉一族の相馬家が仕えており、子孫は下野国喜連川領主・喜連川家(足利家)の家臣として幕末に至っています。 

 古河公方の御所だった地は、江戸時代には古河城が置かれ、古河藩主土井家の居城になっていましたが、明治時代に渡良瀬川の拡張工事で消滅! 博物館で見た模型では、川べりに浮かぶ船のような城で、なんとまぁもったいない。残っていたら、古河市は間違いなく有名な観光地になっていたろうに…。
kogajouka
古河の武家屋敷跡

 古河城の南には、鴻巣館とよばれる古河公方のもう一つの館跡が残っています。こちらは池や堀、土塁も残っていて、時代を彷彿とさせます。江戸時代初期に義氏の娘・氏姫と、その子・義親まで住み、その後は下野喜連川へ移ったため、館は廃されました。同じ敷地の中に、ひっそりと最後の古河公方・足利義氏のお墓があります。
鴻巣館
鴻巣館と堀

yosiujihaka
伝足利義氏墓(芳春院)

 少し南には、古河公方・足利晴氏建立の菩提寺・永仙院があります。。。が、お寺はすでになく、墓が数基残っているだけの、たいへんサミシイ状態です。かつては公方の菩提寺として栄えていた寺院が、いまや塀すらない状況でした。
eiseninato
永仙院跡と参道

 かつての城下町ということもあってか、勢然とした街並みにきれいに区分けされた道路がけっこう印象的なマチでした。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

もっきー

Author:もっきー
千葉一族、Mr.Childrenをコヨナク愛する千葉県人

リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。