FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉山

 国道16号線の穴川交差点近く、千葉県スポーツセンター前にある山が、千葉宗家代々の廟所である「千葉山」です。字名は「長者山」といいます。明治39年4月、三和尋常小学校長の安川辰蔵が十三基の古墳を確認し、その墳丘墓から、鎌倉期の常滑の骨蔵器を発掘しています。現在、千葉宗家の菩提寺である稲毛区の大日寺(大日寺HP)にある石塔は、ここから移されたものとも伝わります。
※ただし、この石塔のうちもっとも巨大な石塔については、大日寺が開創の伝の通り「仁生(=忍性)」との所縁であるとすれば、律宗の僧の墓もしくは供養塔でしょう。

千葉山1 千葉山2 星宮
 ▲塚              ▲塚(モミジで見えづらい)   ▲星宮

 数年前までは、竹林の中にも墳丘状の廟所がはっきり見えたのですが、先日訪問したときは、完全に竹林に埋没し、余程近くに行かないと見えなくなっていました。ここを管理しているのは千葉市なのですが、史跡を保存しよう、観光に生かそうという意識はザンネンなことに、まるでないです。

千葉山の現状
 ▲いまの千葉山墳丘遠景

 ほかの墳丘は、道路を挟んだ北側の雑木林にあるはずなのですが、もはや確認できないほど荒れ果てています。なんとか整備をしてもらいたいです~。

 
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

もっきー

Author:もっきー
千葉一族、Mr.Childrenをコヨナク愛する千葉県人

リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。