FC2ブログ

■仕事初め

 きょうは仕事初めです。しかし、初っ端から寝坊しました。家から会社までは1時間20分ほどかかります。9時出社なので、7時40分には家を出ていないといけません。しかも今日は全社会議! 8時50分ごろには会社についてなくちゃイカン。ってことはいつもより早く出なきゃイカンてことなのです。なのに休みクセが抜けずに起きたのは7時10分。ダッシュで準備!

 家を飛び出し、朝から走るハメになりました。もしかしたら、電車はまだすいてるかな? なんて思ってたら、電車も混んでいて、淡い期待は泡沫の中に消えました。

 こう、長い休み明けって休み前に何をやっていたのかすら忘れてしまいがちですが、やっぱり忘れていました。しばらく体を環境に慣れさせてから行動開始。慣れるまでかなり時間がかかりました。

 そして、昼休みを挟んで午後になると、頭がぼ-っとしてきます。いつしかパソコンの前でカックンコックンと舟をこぎ始めます。。。 あーーーイカンイカン! 外に出てキーンと冷えた新鮮な空気を吸って頭をリフレッシュ! よし! 目が覚めた。やるか! と気合を入れなおしますが、すでに5時を回っていました。

 休み明け一日目なんてこんな感じでしょう。また明日から仕切りなおしすればよいのです。

治承5(1181)年1月5日

 関東の武士たちが紀伊沖から京都に侵入したとの風聞があり、平家は家人を津々浦々に配置して警備した。そのうちの一人、伊豆江四郎を志摩国に派遣して警固させた。

 すると今日、熊野山の衆徒らが志摩国の菜切島に集まり、伊豆江四郎を攻めたため、郎従の多くが傷をこうむり、ついに敗走した。江四郎は伊勢太神宮が御鎮座まします神道山を越えて、宇治岡まで逃れたが、ここで出くわした波多野小次郎忠綱と甥・波多野三郎義定ら主従八騎と合戦となり、江四郎の子息二人が討たれた。

 忠綱・義定は、源家の古くからの郎従で相模の豪族・故波多野次郎義通の遺跡を相伝し、義通の遺跡のあった志摩国に住んでいた。波多野右馬允義経は、平家に加担して石橋山の戦いで頼朝に弓を引き、相模国で滅ぼされたが、忠綱・義定の両人は、源家との旧好を思って平家党を討ったのだった。

テーマ : ■今日の独り言■
ジャンル : 日記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もっきー

Author:もっきー
千葉一族、Mr.Childrenをコヨナク愛する千葉県人

リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
カテゴリー