FC2ブログ

◆千葉一族更新日記

 千葉氏HP更新。原氏について大幅に更新しましたが、嫡流家と「原越前守」家の関係について関心があります。

(1)応永13(1406)年(『香取社造営料足納帳』)
 ●原越前入道殿 が領していた場所
  →A「小栗原(船橋市本中山)」
   B「長峯(千葉市若葉区大宮町)」…原宗家の本拠・小弓に距離的に近い
   C「高篠(千葉市中央区高品町)」
   D「椎名(千葉市緑区椎名崎町)」…原宗家の本拠・小弓の隣地。ただし、これは「原殿」のみのため、越前守かは不明。

(2)永享3(1431)年(『中山法華経寺文書Ⅰ』)
 ●原宮内少輔胤義
  →「高石神(市川市高石神)」を領す

(3)永享10(1438)年、日親著(『折伏正義抄』)
 ●原宮内少輔…時代的に上記の原宮内少輔胤義と同一人物と思われる。
  →「高石神(市川市高石神)」在所の檀那
 ●原越前入道殿…応永13年の越前入道と同一人物?
  →家来の「佐久間九郎左衛門入道」…佐久間氏は原家の家風(『千学集抜粋』)

(4)文明3(1471)年9月9日『本土寺過去帳』
 ●「原越前入道道喜」
  →「小弓館」で討死。

(5)永正6(1509)年10月(『東路の津登』)
 ●「原宮内少輔胤隆」
  →小弓館で連歌師の柴屋軒宗長と連歌。
   おそらく彼の子孫が原宗家として続く。

 天正末期にも原宗家である原胤栄の一族として「原越前守」が見えますが、こうして見てみると、原宗家(宮内少輔胤隆の子孫)と原越前守家の血縁関係は非常に近いものと見て取れます。ただ、その系譜や関係を示す伝承が伝わっていないため、今のところ両者の血縁は不明です。

テーマ : 本日の日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もっきー

Author:もっきー
千葉一族、Mr.Childrenをコヨナク愛する千葉県人

リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
カテゴリー