FC2ブログ

更新日記

更新日記

●平良文の子孫の秩父党解説、秩父氏、河越氏を新設しました。
 河越氏は秩父党の惣領家で、武蔵国留守所惣検校職を歴任しています。

●千葉一族の牧氏、賦馬氏、戸張氏に加筆しました。
 牧氏は薩摩国に移り住んだ千葉一族。永享年中、大覚寺大僧正義昭(足利義満の子)が将軍家内の争いのなかで自害したのち、島津家に出仕したといわれています。それまでは義昭に仕えていたのでしょう。

●上総氏に加筆。
 千葉介胤正の次男・境平次常秀は、一説には兄の成胤をしのぐ勢力を持ったという見方もされていますが、成胤は惣領権を一族に行使していることや、幕府内での扱いの差から見ても、成胤と常秀の間には、その格に歴然たる差が存在していたと推測されます。また、常秀は確かに成胤の死後、幼少の惣領家をしのぐ官途を持つようになってはいますが、その勢力の伸張についても、決して千葉惣領家に対する敵対ではなく、惣領家を支える一支族としての勢力拡大であり、惣領家と常秀家の間に軋轢を見ることはできません。

 北条家は有力御家人に対し、現実的な「実」と古来からの「名」を分離する政策を採っていたことがうかがえ、しかも「実」の下に「名」を置く傾向が見られます。千葉氏については、兄・千葉介成胤の流れが「実」の千葉氏家督、弟・境常秀の流れが「名」の上総介(もともと房総平氏の惣領家が冠していた)となっています。こういった例は、ほかにも三浦党(兄が佐原三浦家、弟が三浦介家)、秩父党(兄が河越氏家督、弟が留守所惣検校職)にもはっきりと見ることができます。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

はじめまして

なんか、すごいです。もっきーさんて何者なんですか!

眠れないのでふと自分家の家紋とか探していたらこのページまでたどり着きまして、あまりの情報量にびっくりしました。
そんでもって父がうちは千葉氏なはずというボラはボラじゃなかった!調べたら本当っぽかったです(笑)。ちなみにうちは千葉の上の県です、しかも千葉氏は寺がやたら出てくるけど実家は神社><何故だ!
これでも1700年以上代々続いてるお宮なんですが、年代からいってどうなんでしょう?歴史がわからない。しかも家紋は真向き月星なんですが、やっぱり父の話はウソ?ちなみに最近でできた古い和紙に書かれた紙には平家のらしい家系図が!?本当だろうか・・・?達筆過ぎて読めない。
自分の名前もホームページにあった豪族?のなかのウスイですので漢字も一緒。
ああ気になります、うちが本当にその千葉一族なのか。 
長文すみません、気が向けばでいいので、返事かかなくても気にしませんし、返事よろしくお願いします。

こんにちは

あこさん、こんにちは

 数年間手をつけていないものもあったりして、明らかに間違えているものなど直さなければならない部分も多いので、まだご迷惑はおかけするとは思いますが、長い目で見てやってくださいませ。

 参考までに、室町時代末期、臼井城の旧城主家だった臼井久胤(臼井城から逃れて下館の水谷氏を頼っていた)が若くして亡くなったための子ども三人は下館の水谷氏に養育されたと伝えられています。そのうち長男・忠胤は常陸国柿岡村(茨城県新治郡八郷町)に住んで、帰農したようです。忠胤の流れのうちからは、牛久藩士、淀藩士のほか、江戸に出た家もあります。
 千葉氏は香取社、妙見社ほか、神社にも関わりを持っています。ちなみに臼井城下(千葉県佐倉市臼井田)にある円応寺(http://usui.cool.ne.jp/ennouji.htm)は臼井氏の菩提寺で、寺紋は「真向かい月星」となっています。

☆円応寺の場所(千葉県佐倉市臼井田)
http://www.mapion.co.jp/c/f?uc=1&grp=all&nl=35/44/10.399&el=140/10/56.064&scl=70000&bid=Mlink
プロフィール

もっきー

Author:もっきー
千葉一族、Mr.Childrenをコヨナク愛する千葉県人

リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
カテゴリー