スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塚越又右衛門

 千葉周作の兄・塚越又右衛門は、「気仙の須藤家」に養子に入ったのち、岡部藩士の塚越家の養子になったとされています。『剣豪 千葉周作』にも、「故あって気仙の須藤家を継ぎ、塚越と称した。…塚越の姓は、周作の兄又右衛門が松戸に移住後、江戸に出て武州岡部藩主安部摂津守鉾右衛門に迎えられ、のち師範となって塚越家を継いだので初めて塚越を名乗った」とあります。

 しかし、孫の塚越三治の書状の中には「気仙千葉の男」「塚越家に養子に参り候」とあるのみで、他の諸書にも又右衛門と気仙の須藤家との関わりを記すものは見たことがありません。

 一方、岡部藩の文書においては、又右衛門は一度「塚越」を名乗った(岡部藩周辺に塚越姓が散在しているので、その養子に入ったものか?)のち、「岡部藩須藤家」の養子となって須藤を称したことが記されています。その後、許しを得て「塚越」に復姓しています。そして、岡部藩の資料に拠れば、又右衛門以前に塚越という岡部藩士はないため、「師範となって塚越家を継いだ」ということはありません。

 つまり、又右衛門は「気仙の須藤家」を継いだのではなく「岡部藩の須藤家」を継いだ「気仙千葉の男」で、岡部藩須藤家の養子に入る前に「塚越」を称していました。須藤家の養子に入ったあと、塚越姓に復姓し、岡部藩塚越家が誕生しました。又右衛門は「一刀流」の免許者であり、周作同様に一刀流の中西道場で学んだのかもしれません。

 又右衛門の子・又右衛門(初名は鉾五郎)は道場を持ち、叔父・千葉周作が開創した北辰一刀流の玄武館道場に出入りしていたことが見られます(『玄武館出席大概』)。

 岡部藩塚越家は二代続いて明治維新を迎えました。

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もっきー

Author:もっきー
千葉一族、Mr.Childrenをコヨナク愛する千葉県人

リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。