スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第6回企画展 「銘文は伝える」~沼南の歴史をおりなす金石史料~

 旧沼南町役場(現在の柏市役所沼南庁舎)に隣接する郷土資料展示室にて、「柏市史」(沼南町史史料集金石文3)刊行記念の展示が行われていました。ここに展示されている「手賀原氏」の位牌を見に行ってきました。

沼南庁舎
 ▲柏市役所沼南庁舎

 手賀原氏は臼井原氏の一族とされ、柏市手賀一帯を治めていた千葉一族です。ただ、臼井原氏との血縁上の関わりについては正確には判明していない謎の氏族です。手賀城は小田原落城の影響を受けて開城したと思われ、その後、江戸幕府に召し出されて代々江戸南町奉行所与力職を勤め、幕末の当主・原胤昭はキリスト教教誨師として数多くの囚人を救済した名士として知られます。

 手賀原氏については、原胤昭が遺した奉行所内の文書・与力の系譜類が千代田区によって整理され、活字化されて出版されています(現在三巻目まで)。江戸時代の奉行所の仕事や役割がよくわかる書籍です。千代田区役所または千代田区立四番町歴史民俗資料館にて頒布されています。なお、郷土資料展示室で展示されていた、「満福寺(現在の柏市柳戸の弘誓院)」の梵鐘(模造)の実物は、図らずも千代田区立四番町歴史民俗資料館に展示されています。

 史料
 ▲『江戸町与力の世界=原胤昭が語る幕末』

テーマ : 柏市周辺
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もっきー

Author:もっきー
千葉一族、Mr.Childrenをコヨナク愛する千葉県人

リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。