FC2ブログ

■罠のある部屋

我が家には罠があり、私が週に何回かかかる、インビジブルトラップ。
それは、睡魔です。
おなか一杯になって、ソファにごろっとなってテレビを見ていると・・・
気づくと夜中になっていあり、へたすると明け方だったり。

寒くなってきたので罠にかからないように注意しなければ(風邪ひいちゃうし)と思って、
どうしたら罠にかからないか考えてみるのですが、いろいろ考えているうちに…また気づくと夜中になってたりします。恐るべき罠です

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 治承4(1180)年10月13日

 木曽冠者義仲は、亡父の帯刀先生源義賢の跡を尋ねて、上野国に入った。平家党の足利俊綱が人々を虐げているが、我々については恐怖を感じることはないと住民らに報じた。

 甲斐源氏と北条時政・義時父子は今日夕刻、駿河国大石駅に宿陣した。平家党の駿河目代・橘遠茂が午後八時ごろ、尾張の長田忠致入道(頼朝の父・義朝を討った義朝の元郎党)の計を用いて、富士野をまわって攻め寄せてくる報告があり、その途中に待ち構えて合戦に及ぶべしと、軍議を行った。

 武田太郎信義・一條次郎忠頼・板垣三郎兼信・武田兵衛尉有義・安田三郎義定・逸見冠者光長・河内五郎義長・石和五郎信光ら甲斐源氏勢が、富士山の北麓、若彦路を越えて行った。また、加藤太光員・加藤次景廉は石橋山の戦いののち、甲斐国の方に逃れていたが、彼らも軍勢に加わって駿河国に赴いた。

テーマ : ■今日の独り言■
ジャンル : 日記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もっきー

Author:もっきー
千葉一族、Mr.Childrenをコヨナク愛する千葉県人

リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
カテゴリー