FC2ブログ

Backstreet Boysのチケット

桜の紅葉 Backstreet Boysのライブチケットを購入しました。年始早々のライブなのでちょいと先ですが、まだニューアルバムをほとんど聴いていないので、さっぱりわかりません。早いところ聴いておかないとわけわからなくなりますね。

 誰のアルバムを聴いてもそうですが、一度聞いただけではどうもしっくりこないのです。しかし、なんかイマイチだなぁ…と思っていても何度も聞いているうちに愛着がわくというか、その曲の良さが見えてきます。Backstreet Boysの新しいアルバムもそんなところで、まだ良さがわからんというのが実感です。ライブまでに愛着がわく境地まで達するためには、毎日聴きこまないといけませんが、厳しいかも。


**************************************************
治承4(1180)年11月12日

 頼朝は佐竹氏討伐の帰途、武蔵国で萩野五郎俊重を斬首した。この者は日ごろから頼朝の供をしていて、功績のある者に見えるが、実は石橋山の合戦で大庭三郎景親に味方して頼朝に弓引いた人物だったのである。今彼を処罰しなければ、のちの示しがつかないとして、彼を処刑したのだった。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

もしかしたら・・・

もしかしたら、萩野五郎俊重は私のご先祖様かもしれません。相模の豪族だったけれど落ちぶれたと聞いていましたが・・・。まさか、裏切って斬首されていたとは。驚きです。

No title

 当時は平家が大きな力を持ち、頼朝をはじめとする河内源氏の一族たちは雌伏の時代でした。そのような歴史の動静の中では、大庭景親のように、いつまでも河内源氏の郎従ではなく、みずからの家を守るためには平家の郎従となり、その恩を受けることもある意味正しい道だったのでしょう。荻野俊重も然り、現代の感覚で歴史を振り返ってみれば「裏切った」と言えるかもしれませんが、強い者に従うことで伝来の所領や権利を守っていくことは、当時の武士としては当然の行動と言えます。
プロフィール

もっきー

Author:もっきー
千葉一族、Mr.Childrenをコヨナク愛する千葉県人

リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
カテゴリー